TODAY’S COMPANY~松田ポンプ製作所~

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
皆さんこんにちは!はじめまして、「会社びらき」インターンシップ生の古谷です。
今回、初の会社訪問先としてケミカルポンプ専門メーカー「株式会社松田ポンプ製作所」にお邪魔してきました。同社総務部長の東田さんにこの会社についてたっぷり、じっくりお話伺ってきたのでご紹介致します!
この会社の魅力だけでなく、企業訪問そのものの魅力もぜひお伝えできたらと思います!
 
◆キーワード
ワークライフバランス×地元企業×理工系
 
 
 

◆(株)松田ポンプ製作所とは
 
 松田ポンプ製作所は兵庫県宝塚市に位置するケミカルポンプ専門メーカーの会社です。「他社が手がけない、難しいものを。」という創業当時の精神を今に引き継いで、世界最大級の高機能・高性能ポンプを次々と産業界に送り出してきました。なんとこの会社!設計・鋳造・加工・組立・検査・試運転・メンテナンスまで、ぜーんぶ自社で手掛けてしまう、まさに完全オーダーメイドの会社なんです!さらに電力、建設、石油化学などの業界の数多くの大手クライアントから厚い信頼を受け、2016年には創業100周年を迎え、同年に「仕事と生活のバランス企業」として表彰を受けました!詳しく見ていきましょう!
 
 
~ケミカルポンプってなに?~
 
 ケミカルポンプとは簡単に言うと化学薬品を移送しても割れたり、溶けたり、孔があいたりしないポンプです。つまり、使用する液体それぞれの異なる耐食性に応じた材質で作ったポンプということ。
 そしてそのケミカルポンプ専門の(株)松田ポンプ製作所では自社開発した材質が数多くあり、その中の一つ「パイロメット合金」は「松田」の名にちなんで名付けられたのだと、先ほどご紹介した東田さんが教えてくれました!(パイロン=松の意)※イワキ ポンプなるほど参照
 
こちらが会社の説明をして下さっている東田さんです
 
 
その説明を聞く私たちインターン生
 

 

◆働く環境
 
 次に、職場環境はどうでしょうか?人生の中で仕事して働いている時間って相当長い!って考えたら職場は本当に大事ですよね。ましてや1日のほとんどを過ごす職場やその勤務体制に不満があれば、ストレスは溜まり疲弊する一方….。そこんとこ、どうなの!?っていうディープな部分も学生の身分を活かして踏み込んで聞いちゃいましょう!
 そして工場見学もさせていただいたのでその際の事もご紹介します♪従業員の皆さんはどんな雰囲気の中で働いているのでしょうか?こちらは写真とともにお伝えしますね!
 
 
Q従業員の声はとどくの!?
→なんと労使協議会を月1回開催!
→「労使で議論」の風土定着!
→労働者側と経営者側に隠し事なし!
→営業利益などの決算情報毎月全て開示
 
~労使協議ってなに?~
 労使とは労働者と使用者のこと。つまり労=労働者=従業員、使=使用者=経営者(労働の使用者)。そして労使協議とは労使双方で労働条件を決めたり苦情処理などが行われる場のことです。
 
 
Q本当に残業月平均5hが可能なの!?
→もちろん5という数字は平均値なのでそれより多い月もあれば少ない月もありますが、年間でも5時間×12か月で60時間の残業時間というのは、労働省告示「労働時間の延長の限度等に関する基準」による1年間の時間外労働の限度が360時間だということを考えるとかなり優良と言えるでしょう。
→「一人でやるよりみんなでやって早く終わらせよう!」という社風なので、誰かひとりだけが残るということはほとんどない!
→「早く終わらせて早く帰りたい!」が当たり前に
→全社員の残業時間開示で定時退社促進
 
 
Qプライベートは充実できるの!?
→1日の労働時間は7時間半!
→16:25就業とかなり早いからその後の時間は趣味・家事・自己啓発などにも使える♪
 
 
Q社風が気になる!
→この会社のモットーは「元気で明るく前向きに!」
→面接の時も「元気で明るく前向きか」を見ていると東田さんが教えてくれました!
→工場見学の際も皆さん張りのある、気が引き締まるような声であいさつしてくださいました!
 
 
工場見学出発!東田さんに案内していただきました。
 
 
 
現場!
 
 
手書きの月間目標、思いやりが伝わってきますね。
 
 

◆高校生、大学生へ
 
・自社開発・自社製造の魅力!
・約3年かけて現場で基礎を身に着けるから営業や他業務にもしっかり自信がつく!
・理系女子多数活躍!
・文系学生も活躍できます!
 
<女性社員の声>
 
 ケミカルポンプ専門メーカーと言うと、男性が多そうな気がしますがその中で働いていらっしゃる女性社員の方からもお話を聞きたい!ということで、総務部の松田侑子さんにお話を伺いました!今回は残念ながら直接お聞きすることはできなかったのですが、メールでのやりとりでお聞きした2つのことをご紹介したいと思います!
 

Q女性社員としての働きやすさについて

基本定時で帰れるので、家庭のことを大切にできる時間が多いと思います。現在働いている女性社員の例だと、新婚の女性社員であれば夫婦の時間をちゃんと確保できるし、子どもがいる女性社員は入学式や卒業式などの行事ごとにもよく参加している印象があります。

Q理系女子学生へのメッセージまず前提として私達は理系文系の垣根を超えて、オーダーメイドのものづくりができる人材を育成していきます。そのため、理系だから開発・設計だけをやる、文系だから営業だけといった採用はしていません。いろんな職種を経験し、それに面白さを感じてもらえる方にはとても楽しい職場だと思います。ただ、現在素材の開発に取り組んでいるため、その分野(化学、物理など)の学生さんで、そういったことをやってみたいと思われる場合には希望が叶いやすいかもしれません。

 
 
実際に働いてらっしゃる社員の方の声を聞くと、説得力がありますね!是非皆さんも、不安なことがあれば会社きを利用して
 
 
<産出製品応用例>
 業界 |応用例
 
 電力 |排煙脱硫、排水処理、微生物除去
 鉄鋼 |焼鈍、メッキ、酸流、表面処理
非鉄金属|銅箔製造、亜鉛電解、銅電解
     硫酸製造、溶融硫黄、ガス処理
一般科学|ソーダ電解、塩素ガス乾燥
     酸・アルカリ・無機液ハンドリング
     リン酸製造
   公官庁 |ごみ処理、排水処理
 製紙 |漂白
etc….
 
 
◆会社訪問の魅力
 
 今回は企業訪問レポート第一回目ということで、企業訪問の魅力も簡単にですがお伝えしておこうと思います!
 
・自分探し中の方、働く自分が想像できない方へ
・会社選びの比較対象が欲しい方へ
・実際の現場・職場が見れる!
・周りを気にせず自分の聞きたい事を思う存分聞ける!
・凝り固まった固定概念を取っ払え、視野が広がる!
・思ってもみなかった発見がある!
・普通に生活していたら出会えなかった人と出会える!
・働くことへの疑問・不安はここで解決!
 

◆さいごに
 
 近年、日本は経済的な豊かさから、心の豊かさを求める時代へと変わってきました。その移り変わりの一端として叫ばれているのが「WLB(ワークライフバランス)の向上」です。そんな中、いち早くその認定を受けた企業の一つが(株)松田ポンプ製作所。昔は労使(経営者側と労働者側)の間で闘争もあったそうです。そこで、会社として労使間 の対立はできる限り無くしていこう!という取り組みのもと、従業員の不満は何か、その解決方法、待遇面、職場の人間関係そういったものを経営者側と労働者側で話し合い、ひとつひとつ解決してきた結果が、このワークライフバランスを実現させたようです。
 ワークライフバランスのうわさを聞きつけて、同業他社から中途で入社された方が3名程いらっしゃるそうです。これからの企業は会社の利益ばかりではなく、お客様はもちろん従業員も満足を得、幸せになれる仕組みのあるところに、人が集まるのかもしれません。松田ポンプ製作所のワークライフバランスのお話を聞き、実際働いている方々を見て、この松田ポンプにはその仕組みがあると、そう感じました。
 
 いかがでしたでしょうか?私が行ってきて、感じた松田ポンプ製作所の魅力が伝わっていれば幸いです。ワークライフバランス、地元企業、理工系、どれか一つでも興味のある方はぜひ1度行ってみてください!自分の目で見なければわからないことがたくさんあるはずです♪