箔・極薄板溶接専門工場、日本のモノづくりイノベーションを支え続ける技術体験【株式会社ニッセイ機工】

株式会社ニッセイ機工
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

神戸発!優れた技術認定企業!

o.o3ミリの薄さ実現する技術力!日本初のマイクロプラズマ溶接技術体験インターン。

燃料電池部品や医療機器部品など精密加工の溶接を特殊機械で挑戦。

技術者を目指す人、モノづくり大好きな方、理系文系は問いません!一緒にワクワクするようなモノづくりをしませんか?歓迎します。

半導体製造装置(真空配管部品)


当日の流れ

1.会社概要~マイクロプラズマ溶接法について~工場見学

2.溶接体験(ペン立てを溶接で製作)

3.溶接マイスターとディスカッション

(ベテラン社員から若手社員への技能指導)


インターンシップで経験出来ること・学べること

モノづくり日本を支える、技術者・職人ワザでこれから世に出るワクワクするモノづくりのプロセス。

当社オンリーワン技術である世界最薄レベルの0.03ミリ厚さ溶接技術誕生の開発ストーリー

医療器具微細部品溶接(先端部分の円周溶接)


インターンシップ開催日程

2/19(火)13:30~16:00

2/21(木)13:30~16:00

試作品製作の打合せ(ベテランから若手まで、どうすればより良い製品になるか?を真剣に考えます)


インターンシップ開催会場

当社工場

溶接部拡大検査


定員:各日2名

溶接部目視検査(厳しい品質管理でお客様の満足を得ています)


50ミクロンに魅せられて
1970年代、機械技術屋であった創業者が、日本では未開拓であった短小軽薄、精密溶接の分野に足を踏み込むきっかけは、50ミクロンの突合せ溶接のサンプルでした。

昭和40年(1965年)、溶接加工について調べていた創業者は、偶然50ミクロンの突合せ溶接を手にします。精密機械に対応可能で見事なまでに洗練されたその溶接技術に驚いた彼は、早速文献をひもとき、その溶接法がスイスのセッシロン社で開発されたマイクロプラズマ溶接法であることを突き止めたのです。大胆にも、彼がこの溶接法について深く興味を持った旨の手紙をセッシロン社の技術者に送ったことがきっかけとなり、当時日本に販路を開きたい意向を持っていた同社で初めての日本人技術者として迎え入れられました。セッシロン社において、彼は溶接法だけではなく、欧州のもの作りの現場を学んできました。これが溶接技術を買っていただく弊社の誕生の原点でした。

技術進歩、社会の変化に伴い、創業者の時代と比べ、加工技術はより幅広い応用範囲が求められています。当社も現在では、30ミクロンの突合せ溶接が可能となりました。加工材質もステンレスの他、チタン各種、ニッケル、インバー、高耐食合金、金、プラチナ、銅等に対応しております。

このような技術を修得するためには、溶接加工の経験に加え、冶金学、機械工学の知識が不可欠です。溶接製品に見合った冶具の設計製作を行うのみならず、溶接工程を考慮した機械仕上、溶接強度を考慮した材料選択の提案は、製品の信頼性を増す為にも重要な「技術」の1つです。こういった溶接前後の工程を経験・知識の両面から全てシュミレーションすることで、初めて溶接が可能となるのです。

こういった技術に対する弊社の信念の原点は、創業者が学んだスイスにあります。20年程前、創業者とヨーロッパ旅行をした時、ジュネーブ郊外に住む彼の元上司は、こんな風に話してくれました。

「技術者は知識だけではいけません。物が作れないと技術者とは言えません。しかし、知識がなければ技術者にはなれません。」

この言葉を忘れる事ができません。

近年海外への技術流出が言われて久しいですが、彼の言うような「技術者」を育てることが、時代を超えたもの作りの原点であると考えております。

技術者であり続けるために、経験を積むこと、日々知識の習得を怠らない事、そして新しいものへのチャレンジ精神を大切にして参りたいと思っております。

食品製造装置部品の溶接


会社概要

社名 株式会社ニッセイ機工
設立 1988年8月30日(平成元年)
創業 創業1972年1月5日

代表者 代表取締役 藤本 茂
資本金 1000万円
社員数 11名

所在地 〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町3-6-10 NKビル3階
TEL 078-851-6680
FAX 078-851-6681

HP:http//www.nkw.co.jp 

 

「神戸発!優れた企業認定企業」

「ひょうご成長期待企業」

平成29年度 ひょうごNo.1ものづくり大賞 選考委員会特別賞受賞

 

協力会社との懇親会(保養所でのBBQ)

KOBE INTERN SHIP WEEK 2019
インターンシップ受け入れ企業

参加したいインターンシップには、参加申込フォームから申し込んでください。
参加受付は原則先着順です。