ITと旅行!?神戸創業のジィ・アンド・ジィ株式会社に行ってきました!

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

こんにちは!神戸ソーシャルキャンパスのインターン生永本です。

今神戸ソーシャルキャンパスでは、神戸市内の企業と学生の距離を就職活動に限らず
いろんな形で出会う場をつくっていく「会社びらき」という取り組みを行っています。

でも、、「神戸の会社ってどんな会社があるの??」というのが現在2回生である私の正直なところです。

そこで!自分が気になった会社に突撃インタビューし、その企業の魅力をここで発信し、
さらに私自身いろんな企業のことが知れるという企業も神戸に関心がある学生もWIN-WINな取り組みを行うことにしました!

 

自分なりにいろいろ企業を探していると、、ジィ・アンド・ジィという会社を発見し、
「IT&旅行日本でただ一つの会社で一緒に働きませんか?」というキャッチコピーを発見。

確かにITと旅行の組み合わせってあまり聞きません・・・面白そう!!と思い、
取材申し込みをしたところ、ご快諾頂き訪問。

すると、、

 

 

 

旅行事業常務福地様(左)、IT事業部システムサポート部マネージャー井上様(右)

 

 

旅行事業部の常務様とIT事業部のマネージャー様にわざわざお越し頂き、さらに・・・

 

 

IT事業部 神谷様(左)、高尾様(右)

 

IT事業部で働く女性社員の方もお越し頂き、総勢4名からお話を伺うことができました…!!

通常こういった取材対応には1人、多くても2人でご対応頂くことが大半なのですが、
4人もお越し頂き、本当にジィ・アンド・ジィ様には感謝するとともに予想以上の人の
多さに驚いてしまい緊張で上手く話すことができませんでした・・・

しかし、そんなガチガチの私にも本当に優しく和やかな雰囲気でご対応頂き、
皆様の素敵な雰囲気を拙い文章でしかお伝えできず残念です。

さて、本題ですが、私が聞いたことは主に以下3点です。

 

1:どうしてITと旅行?
2:ジィ・アンド・ジィ様のPRポイント、特徴ってどんなところ?
3:ITの仕事って文系でもできるんですか?

 

以下ご覧ください!

 

1:神戸の有名企業星電社の事業部としてスタート→震災→ジィ・アンド・ジィ独立へ


Q:まずどうしてITと旅行という組み合わせなのでしょうか?
HPを見ると星電社という会社が関係していそうですが。

 

井上:はい、おっしゃるとおりでジィ・アンド・ジィ株式会社はもともと星電社という会社の一事業として生まれました。

その当時の星電社のメイン事業は家電販売店の経営であり、それが阪神・淡路大震災をきっかけに建物の倒壊が起こり営業が難しくなりました。その中でもITと旅行についてはなんとか存続させようということでジィ・アンド・ジィを創設しました。

 

Q:そのような経緯があったんですね。だからITと旅行という他社にはない事業の組み合わせになったんですね。

 

井上:前述した神戸特有の事情があったから、結果的にそうなったと言えますね。ただ、この2つの事業を持つ独自の会社としてお客様に認知されていることによって、お互いの事業にビジネスチャンスがたくさん生まれています。

私達のIT事業部は法人のお客様と何度もやりとりをして、深いコミュニケーションをとることが多い仕事の形態です旅行事業部ももちろんながらお客様の思い出をつくる仕事なので、深いコミュニケーションが発生しますが、旅行は1人(1社)のお客様から年に何度も頻繁に発生するものではありません。ですから、仮に旅行へのニーズや関心などが発生したとしてもその際にタイミングよくお客様と会って話をしたり提案する機会はいつもあるわけではないのです。

しかし、IT事業部の場合には、年間通じて頻繁にコミュニケーションをとることでお客様といろんな会話が生まれ、その際に「今年の社員旅行は…」のような団体旅行へつながるチャンスも生まれるのです。また、その逆のケースとして、旅行がきっかけでITの仕事に発展することも起こります。

 

Q:お客様とコミュニケーションをとる頻度やその深さがきっかけとなってお互いの事業部にメリットを生んでいるんですね!よくわかりました!ありがとうございます!!

 

 

2:IT事業の独自サービス&旅行事業のホスピタリティ



Q:では次に会社のPRポイントなどを教えて頂けないでしょうか?

例えばIT技術に関して何かすごいものがあるとか?

 

井上:まずIT事業部からお話すると、あるお客様が業務上困っていることをITの力でサポートするための技術力はあらゆる面で持っています。例えば弊社の独自のサービスとして、公的施設予約運営管理ソフトを自社でつくり、それが街の公的施設(市民センターや区民会館など)に導入されています。

施設を管理運営するにあたって、必要な業務である「予約」「運営」「入金」「統計」「インターネット空表示」「ディスプレイ広報表示」などが、このソフト1つで全て簡単に行うことができるという優れものです。

神戸で有名なところで言えば兵庫県民会館などで導入されています。

また、時代の変化がありながらも約40年間IT事業部がお客様から信頼され選ばれてきたことは、あらゆるご要望にオーダーメイドで応えてきたからではないかと思っています。

 

IT事業部はこれ以外にも多くの業務課題を解決するソフトウェアを提供または開発を行っています。

 

 

福地:旅行事業部では、兵庫県内に特化して「えすぽツーリスト」という名前で7つの店頭窓口と団体営業を担当するチーム(社員旅行など)が配置されています。

また、弊社は旅行業界の最大手JTBの総合提携店であることから、JTBの商品プランを扱えることやそのための旅行に関する専門知識を学ぶ研修も能力や勤務年数に合わせて体系的に用意されています。

さらに「お客様からお土産をもらえるようなサービス、思い出を提供する」ことを目指して日々旅行サービスを行うことを工夫しています。

 

3:入社後の仕事内容について


 

Q:事業内容の特徴はわかったのですが、実際入社した後ってどんな感じで仕事するのでしょうか?IT事業部の求人情報には「未経験でも心配なし」、「文系出身者もたくさんいます」など書かれていますが、やっぱり不安で…

 

高尾:私は経営学部出身で、現在はSEとして仕事しているので、まさに上記に書かれている対象者でした。まず最初はプログラマーとして、研修を受けていました。例えば、プログラミング基礎やデーターベース基礎などを学んだうえでサンプルプログラムを作成するという社内教育が用意されています。

また先輩社員の打ち合わせに同行して、議事録や打ち合わせ資料の作成のお手伝いをすることもあります。

そのような期間が1年~2年ほどありますが、私の場合は2年目からSEとして仕事を始め、お客様とシステムの打ち合わせを行い、社内のプログラマーにお客様の要望や仕様を伝えて完成まで伴走する仕事を行いました。

 

お客様とシステムに関する打ち合わせ風景

 

井上:確かに技術的なことでいえば、ITに関連した専攻の学生を採用する方が好ましいですが、弊社は自社開発・自社サポートであることから直接お客様と話してやりとりすることも多くあります。

そのためコミュニケーションを取ることやチームで働くのが好きな人のほうが弊社には合っているのかなと思い、専攻は不問。むしろ文系歓迎としています。

 

店頭での旅行相談風風景

 

 

最後に…


Q:本当にどちらの仕事も学び続けなければいけない仕事で奥が深く、魅力的な仕事だということがわかりました。最後になるのですが、この会社に入った理由ってどんなところでしょうか?特に女性社員の方から聞きたいのですが…ITなどに絞って就活していたのでしょうか?

 

 

神谷:全くそんなことはなく、いろいろ受けていました。その中でも神戸で働けるかどうかというのは気に留めて就活していましたね。正直その当時は大手企業などもたくさん受けていたのですが、正直結果はあまりよろしくなく(笑)、そんなときにこの会社と出会いました。

たくさんの実績がある会社でしたし、社員の方々の雰囲気もよく、文系である私でもITの仕事ができて、さらに神戸本社だったので、今振り返るとよかったなと思います(笑)

 

Q:正直なコメント頂きありがとうございます…!本当に皆様の雰囲気のよさを感じられるインタビューとなりました!本日はありがとうございました!

 

インタビューを終えて…


インタビュー前の私は、ITにあまり関心がなく旅行が好きだったので、ITについてどのように話を聞いたらいいだろうと悩んでいたのですが、2人の女性社員の方が文系出身かつ新卒でITの仕事に就き、現在楽しく働いている姿を見れて、私が今まで抱いていた「ITとはひたすらパソコンと向き合い、理系男子がやる仕事」に対するイメージが一変しました!

 

さらに旅行もITと同じぐらいいろんなことを学ばなければならない仕事で、自らいろんなことを勉強していく姿勢と世代問わずいろんな人とコミュニケーションをとる経験が大切なように思いました。

 

あくまでインタビュー中の雰囲気でしかありませんが、社員の方々同士で仲良く話をしたり、
上司と部下のような怖い上下関係がなさそうで、社員同士の交流もたくさん(ウォーキング部やゴルフ部、社員旅行など)あるのが1つの理由なのかもしれません。

 

ご興味を持った方々は、ぜひジィ・アンド・ジィ様のホームページをご覧ください^^